おかげさまで・毛蟹とびきり極上な品を仕入れさせてもらっています。

★日々の日記★

かに

おかげさまで三代目魚熊、極上な毛がに仕入れさせてもらっています。   

前にも紹介させてもらった、この三代目魚熊の極上大毛がに          前に書いた蟹の記事

ロシア産の活ガニ輸出禁止のニュースが流れてから                     ダウン   

国産の極上な毛がににも影響があるかと思い、                  ・ロシア産カニ、ピンチ!

今まで極上の大毛がにを三代目魚熊ではカニ好きな皆様に            ・美味しい毛がに。

大変喜ばれて、沢山召し上がっていただいた。            ・ 毛がにもいいけどたまにはこのカニ!

が・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・等々これまでかあせる

と思い悩む時もあったが、なんのその・・・・

三代目魚熊では、今回のカニの削減とは、別な時も長年

世界を代表する築地の仲買の皆様や、組合『東京魚商業協同組合

などの様々な人たちに支えられ、美味しい魚を沢山仕入れることが出来た。

特に今回二代目おやじと長年付き合いのある、世田谷区の某有名鮮魚店さん

の多大なる協力のおかげで、東京一の安さと極上な毛がにを

三代目魚熊ではお客様に提供させてもらっている。

ちなみにこの方は、匠と呼ばれる

食品に関する豊富な知識に基づき、地域における食品小売業の
模範的機能を果たしている事業者としてに認定されている。
(財)食品流通構造改善促進機構
ところでなぜ今回、これほどまでに毛がにに、ついて紹介させて

いただきたかったかと言うと、カニは北海道を中心に全国で幅広く有名な

商材の一つだが、カニの多くが寒い時期の冬が旬だと思われるが

何と三代目魚熊の一年を通じて極上な美味しい毛がにを提供させていただく中でも

毛がには、今が最も旨いと言われる季節なので紹介させていただいた。

ちなみに今回上の写真に写っているのは、二代目女将がぐるなび の記事に

載せた物を使ってみた。

今回載せた二代目女将が持っている毛がにの様に

『どうだあ・・・・・・・・この毛がに』と言わんばかりの毛がにを皆様に提供させてもらいたい。

今回仕入れさせて頂いたこの、三代目魚熊の極上大毛蟹北海道は苫小牧の白老産の物だビックリマーク



三代目魚熊ホームページは、こちらから・・・・・http://www.uokuma.com/


店舗名
三代目 魚熊
住所
東京都台東区蔵前3-20-5
アクセス
都営大江戸線蔵前駅A5番出口 徒歩1分
都営浅草線蔵前駅A2・A4番出口 徒歩3分 蔵前駅から249m
TEL
03-3851-5914
営業時間
平日 17:00~22:30 (L.O.22:00)
土曜・日曜・祝日 17:00~21:30 (L.O.21:00)

ランチタイム 貸切営業のみ(12名様位からお受けいたします。)
定休日
不定休