『ふぐ皮のにこごり』レシピです。

東京ふぐ魚料理、浅草・蔵前ふぐ魚料理の店『三代目魚熊』のブログにようこそ、三代目の山田正幸です^^

数年前から、一般の方でも許可が取れた、通称「みがきふぐ」と呼ばれる、プロの手により処理された、ふぐを買う事ができます。

そこで、ご来店頂くお客様にふぐ皮の作り方を教えてとのリクエストがあったので、今回はレシピ紹介です。

では、ご覧ください。

ふぐ皮のレシピです。

$ふぐ料理研究家 山田正幸による、飲食店の為のふぐ料理養成講座

 

$飲食店、ご家庭で、ふぐの調理・料理のアドバイスをする、ふぐ料理研究家 山田

 

ふぐの皮をふんだんに使い、『ふぐ皮のにこごり』作りました。

ふぐの出しと・醤油・みりん・酒・塩少々

 

$飲食店、ご家庭で、ふぐの調理・料理のアドバイスをする、ふぐ料理研究家 山田

 

ふぐの薄造り・唐揚げ・ふぐちり・最後は雑炊へとつづく初めのプロローグ的な存在です。

 

$飲食店、ご家庭で、ふぐの調理・料理のアドバイスをする、ふぐ料理研究家 山田

 

是非作っていただきたい食べていただきたいですね♪

こちらがレシピです。

4人前、材料

A<ふぐ>
:ふぐ皮400グラム位
(トラフグ)

B<にこごりの合わせ出し>
:フグのだし汁 1800cc
(フグ皮を湯がいただし汁でもOK)

:濃口醤油 200cc
:みりん  160cc
:酒   40cc
:塩 少々

1)フグ皮をたっぷりの水に沸騰させて湯がく。

2)5分ぐらいで白皮が透明になるのでそのタイミングで氷水の中に落とす。

3)アクが付くので綺麗に洗い落とす。

4)洗い落としたら一口大に切り分ける(お好みの大きさ細かくてもOK)

5)B<にこごりの合わせ出し> をすべて合わせて火にかけるそれと同時に、4)で切り分けたA<ふぐ皮>を同時に入れ沸騰したら火を止める。

6)流し間に入れて冷ましたら、冷蔵庫に入れる。

7)3時間ぐらいしたら固まり具合を確認してお好みの大きさに切り分けてお召し上がりください。

『あとがき』

『フグ皮のに凝り』他の(煮凝り、にこごり)よりもゼラチン質が多いので、フグ皮の素材だけで、固まります。

硬さは、お好みでフグ皮の量で調整してください。

また、『フグ皮のに凝り』は、寒天やゼラチンを使っていないので常温にすると解けてしまうのでご注意を♪

ふぐ料理の最初の一品として、ふぐ皮たっぷりの『ふぐ皮のにこごり』の紹介でした。

で!!

作るのが嫌なあなたは当店で召し上がる事がオススメです(笑)

 

こちらには、当店の様々な河豚料理コースがございます。

 

店舗名
三代目 魚熊
住所
東京都台東区蔵前3-20-5
アクセス
都営大江戸線蔵前駅A5番出口 徒歩1分
都営浅草線蔵前駅A2・A4番出口 徒歩3分 蔵前駅から249m
TEL
03-3851-5914
営業時間
平日 17:00~22:30 (L.O.22:00)
土曜・日曜・祝日 17:00~21:30 (L.O.21:00)

ランチタイム 貸切営業のみ(12名様位からお受けいたします。)
定休日
不定休